沿革|会社案内

2003年4月
明治乳業株式会社(現:株式会社 明治)の販売子会社である東北明販株式会社、東京明販株式会社、中部明販株式会社、金沢明販株式会社、近畿明販株式会社、中国明販株式会社の6社と、物流子会社である東京牛乳運輸株式会社、株式会社カントラの2社の計8社を傘下におきフレッシュネットワークシステムズ株式会社を設立。
2004年4月
明治乳業株式会社の販売子会社である北海道明販株式会社と九州明乳販売株式会社の2社を傘下に加える。
2006年4月
明治乳業株式会社の販売子会社である東京明治フーズ株式会社を傘下に加える。
2008年4月
東京牛乳運輸株式会社、株式会社カントラの合併により、明治ロジテック株式会社を設立し、傘下におく。
2013年4月
北海道明販株式会社、東北明販株式会社、東京明販株式会社、中部明販株式会社、近畿明販株式会社、中国明販株式会社、九州明乳販売株式会社、東京明治フーズ株式会社を合併し、金沢明販株式会社のチルド食品・業務用食品卸売事業を承継し、明治フレッシュネットワーク株式会社に商号変更する。

当社傘下の明治ロジテック株式会社、株式会社スリーエスアンドエル(金沢明販株式会社より商号変更)を株式会社 明治の子会社とする。

北海道明販株式会社

1952
札幌食品工業株式会社設立
1975
商号を北海道明販株式会社に変更
2001
函館アイスクリーム株式会社の営業権譲受

東北明販株式会社

1967
仙台明販株式会社設立
1973
山形明乳製品販売株式会社と合併
1978
商号を東北明販株式会社に変更、盛岡明販株式会社と合併

東京明販株式会社

1955
東京明治牛乳販売株式会社設立
1983
西明販株式会社、埼玉明販株式会社、
酪農牛乳直販株式会社と合併
1990
商号を東京明販株式会社に変更
2001
栃木明販株式会社と合併
2002
長野明販株式会社と合併、関東製酪株式会社の営業権譲受
2004
新潟明販株式会社の営業権譲受

中部明販株式会社

1957
大永糖乳株式会社設立
1975
商号を中部明販株式会社に変更
2001
浜松明治牛乳販売株式会社と合併
2003
日本ブルガエリー株式会社販売部門の営業権譲受

近畿明販株式会社

1957
大阪明治牛乳販売株式会社設立
1983
神戸明販株式会社と合併
1996
商号を近畿明販株式会社に変更、京都明販株式会社、滋賀明販株式会社、やまとフーズ株式会社と合併
2000
明和商事株式会社と合併

中国明販株式会社

1969
福島乳製品販売株式会社設立 
1973
商号を中国明販株式会社に変更

九州明乳販売株式会社

1969
福岡明乳製品販売株式会社設立
1983
商号を九州明乳販売株式会社に変更、
北九州明販株式会社、鹿児島明販株式会社と合併

東京明治フーズ株式会社

1970
金星乳業株式会社設立
1982
商号を東京明治フーズ株式会社に変更